引越前に行う準備&作業

引越し前には、「荷造り」を中心に、不要品の処分、掃除、挨拶などしなければならない準備事が多くあります。また住んでいるお部屋が賃貸物件の場合は賃貸借契約の解除を行わなければなりませんし、また新居も賃貸物件なら物件探しを行い、賃貸借契約を結ばなければなりませんので、引越しが決まった時点から計画的に準備を始めることが、とにかく大切になります。そこでここでは、具体的に引越前にはどのような準備&作業が必要なのかを説明していますので、引越が決まったら何をしなければならないのかを確認しましょう!

引越前に行う準備&作業一覧

引越しが決まったら確認しておきたいこと
引越しが決まったら、まず確認しておかなければならないことがいくつかあります。いま住んでいるお部屋が賃貸物件なら解約手続きを行わなければなりませんし、引越しの荷造りはどうするのか?不用品の処分はどうするのか、引越し会社はどこにするのか?など、引越しが決まった時点で早めに確認しておきましょう。
引越し日を決める
引越しが決まったら、引越しする日時も決めなければなりません。もちろん、人によっては引越し日は「この日でなければダメ」だということもありますので、その場合は仕方ありませんが、それ以外の場合は、引越し会社を決める際に柔軟に設定しましょう。
お部屋の掃除
退出後、必ず専門業者によるお部屋のクリーニングが入ると思いますが、お部屋の掃除は礼儀でもありますし、部屋の明け渡しの際に不動産管理会社や大家さん(オーナー)のイメージもよくなりますので、最低限のお部屋の掃除はやっておきましょう。
引越しの荷造り(梱包)
引越しを行う際に避けて通れない作業が「荷造り」です。部屋の中の荷物をダンボールに詰めていく作業は大変で、面倒くさい作業ですので、計画的に作業を進めていきましょう。
危険でダメな梱包(荷造り)
どのようなプラン(契約)を組んでいるかにもよりますが、多くの場合、荷物は自分たちで梱包することになると思います。自分たちで荷物の梱包(荷造り)をやる際は、「責任をもって」やるようにしましょう。
不用品の処分
荷物が減れば引越し先でも楽になりますし、引越し料金も安くなるかもしれませんので、引越しが決まったら荷造りをして、引越し先へ持っていくものと、不要なものを分けて、不要なものは処分し、少しでも荷物を減らしましょう。
引越し作業(荷造り・掃除)にあれば便利な道具(材料)
引越しの荷造りや掃除などの作業に、どのような道具や材料を用意しておけばいいのでしょうか?
新居の家具の配置を決める
引越し前に大きな家具やテレビなどの電化製品の配置場所を決め、引越し当日、荷物を搬入する時に引越し会社のスタッフの方に的確に指示を出すことは「あなたの大きな仕事」の1つです。
ダンボールの入手(調達)方法
ダンボールは契約した引越し会社が無料でくれる場合が多いですが、引越し料金を安く設定している引越し会社などは、無料ではなく有料となっている場合もありますので、必ず見積もり時に、「ダンボールは無料でもらえるのか?」、「無料ならいくつもらえるのか(数)?」、「有料の場合はいくらなのか(値段)?」を聞いておきましょう。
引越し前の挨拶(あいさつ)
引越しが決まったら、今までお世話になった方に挨拶(あいさつ)を忘れないように行いましょう。引越しは色々と手続きや準備をしなければなりませんので、忙しいと思いますが、引越し日が決まったら、早めに挨拶を済ませておきましょう。