引越し後にする手続き一覧

引越しは新居に荷物が届いたら終わりではありません。引越後も「転入届(マイナンバーの変更手続き)、挨拶、各種住所変更手続き」など、しなければならない事が多いのですが、引越後は、荷解きや荷物の整理、新しい生活を始めるための準備などで忙しいので、意外としなければならない手続きを忘れている事が多いようです。そこでここでは引越し後にしなければならない手続きなどをまとめていますので確認しておきましょう!

引越し後にする手続き一覧一覧

転入届
転入届は「引越し後14日以内に」手続きを行わなければなりません。引越し先の市区町村役場に、転出届の時に交付された「転出証明書」を持参して手続きを行いましょう。
マイナンバー(個人番号)の住所変更手続き
引っ越して住所変更があった場合、マイナンバーの変更手続きが必要となります。
引越し先での挨拶(あいさつ)
引越し先での挨拶(あいさつ)は、必要なのでしょうか?また挨拶をする場合、あいさつする範囲、持っていく品物はどのような物が良いのでしょうか?
引越し通知(転居通知)
引越し後、友人・知人に「引越し通知(転居通知)」を郵送しましょう。若い人などはメールで済ませることが多いようですが、その場合でも、お世話になっている方、古くからの知人などには引越し通知(転居通知)を送るようにしましょう。
預金通帳・クレジットカード・生命保険の住所変更手続き
引越しが決まったら、「預金通帳・クレジットカード・生命保険の住所変更手続き」を速やかに行いましょう。
愛犬の登録手続き
引越しで住所が変更になった場合でも、「飼っている犬の登録は一生に一度」ですので、すでに登録を済ませている場合には、特に手続きは必要ありませんが、「鑑札の変更(交換)」が必要になりますので、引越し先の市区町村役場で手続きが必要になります。
資格・会員登録の手続き
引越しによって住所が変更になる場合は、取得している「資格・会員登録」などがあれば住所変更が必要になる場合があると思いますので、引越し後、速やかに変更手続きができるようにしておきましょう。