引越する際の注意点

引越の状況は人それぞれで、1つとして同じものはありません。場合によっては荷物が届く前の新居で数日間、生活をしなければならないこともありますので、そのような場合、最低限どのような物を準備しておけば良いのかを説明しています。また多くの方が引越しは専門業者に依頼し作業を行ってもらいますが、その際にトラブルが生じることも考えられますので、国土交通省は業者と消費者のトラブルを防ぐために「標準引越運送約款」というルールを定めています。しかし素人にはこれらの約款は分かりづらいので、ここでは具体的に、分かりやすく、「標準引越運送約款」について説明していますので、業者との間でトラブルが起こらないように、またはトラブルが起こってしまった場合などに参考にしてください。

引越する際の注意点一覧

引っ越し失敗あるある
引っ越しする際のよくある失敗談をまとめましたので参考にしてください。
荷物が届く前に新居で生活を始める場合
荷物が届く前に新居で生活を始める場合は、当然、荷物がありませんので、ちょっとした旅行に行く時と同じような感じで荷物を用意しておきましょう。
標準引越運送約款について
標準引越運送約款とは、1990年(平成2年)に旧運輸省(現国土交通省)から告知され、2001年(平成13年)に改正された、引越し会社と消費者(お客さん)との間のトラブルを未然に防ぐために作られた約款(ルール)です。