自動車保管場所証明書(車庫証明書)の申請手続き



自動車を新住所、引越し先で使用する場合は、「自動車保管場所証明書(車庫証明書)の申請」をしなければなりませんので、管轄の警察署で申請書をもらい、必要事項を記入の上、提出、申請しましょう。


 自動車保管場所証明書(車庫証明書)の手続き



申請書に必要事項を記入し、必要な書類が揃いましたら、新住所(駐車場は住所から2キロメートルの範囲内)の管轄する警察署へ行き申請しましょう(以下の書類は警察署に行けば貰えます)。


自動車保管場所証明書(車庫証明書)は不備がなければ、通常、約1週間ほどで交付されます。


◎自動車保管場所証明書(車庫証明書)申請に必要な書類


・自動車保管場所証明申請書(軽自動車は保管場所届出書)


・保管場所の所在図・配置図


・保管場所使用権原疎明書面(自己所有の土地に駐車している場合)


・保管場所使用承諾証明書(駐車場を借りている場合


・収入印紙(申請窓口で購入できます)


・住民票または印鑑証明書


・印鑑(認印で可)


賃貸マンション、アパートなどでその賃貸物件の駐車場を借りる場合、保管場所使用承諾証明書に大家さんの記名押印が必要になりますので、契約時などに保管場所使用承諾証明書を用意しておけば二度手間になりません(不動産屋さんで用意してくれていることも多いです)。


また賃貸契約書に駐車場についての記載(駐車位置・駐車場の賃料等)がある場合は賃貸契約書のコピーを添付することで保管場所使用承諾証明書にかえることもできますので、警察または不動産屋さんに聞いてみましょう。


◎自動車保管場所証明書(車庫証明書)の手続きにかかる費用


自動車保管場所証明書(車庫証明書)の申請・交付には以下の手数料が必要となります(保管場所証明申請書+保管場所標章交付申請書の合計金額です)。


・普通自動車「約2,500~2,800円(地域によって異なります)」


・軽自動車「約500~600円(地域によって異なります)」





引越料金比較して1番安い業者に決める!

大手~中小~赤帽まで130社以上の引越会社の料金を比較して、1番安い業者に決めるならLIFULL引越し見積もり

スマホもOK♪最短45秒の引越し見積り