引越しにかかる費用はどれほどなの?



引越しにかかる費用が総額いくらかかるかは人によって大きく変わります。


しかし引越しは私たちが思っている以上に費用がかかるものですので、事前にどれほど費用がかかるのかを計算し、余分な出費を抑えるようにしましょう。


 引越し費用は総額でいくらかかるか?



◎引越し料金


「1人暮らし?家族での引越し?など、荷物の量」、また「引越しの距離」によっても引っ越し料金は大きく異なりますし、同じ条件でも「引越し会社」によって、また変わってきます。


◎賃貸物件の場合



新しい引越し先が賃貸物件の場合は、最初に多額の費用がかかります。地域によっても異なりますし、物件によっても異なりますが、東京都内の相場は・・・


「前家賃(1ヶ月)+敷金(2ヶ月)+礼金(2ヶ月)+仲介手数料(1ヶ月)+火災保険代(約2万円前後)」


となっていますので、「家賃の6ヶ月分+火災保険料」はかかることになります。このことも考慮して、お部屋探しをするようにしましょう。


◎引越し先への交通費


基本的に引越し会社のトラックに同乗して引越し先へ移動することができませんので、引越し先へは他の交通手段を用いて移動することになります。


引越し先が近くならそれほど交通費はかかりませんが、引越し先が遠くで、家族が多い場合は、交通費もばかになりませんので、事前にどれほどかかるのかを計算しておきましょう。


◎不用品の処分


引っ越す際には不用品が出るものです。その場合、「粗大ゴミ回収費用・家電リサイクル料金」がかかる場合があります(不用品の処分)。


◎引越し先での挨拶の品物


引越し先で挨拶をする際に、気持ちの品を渡すと思いますので、その費用も計算しておきましょう(引越し先での挨拶(あいさつ))。


◎電化製品


これから1人暮らしを始める時は特に、「テレビ・冷蔵庫・洗濯機・電子レンジなど」、多くの生活に欠かせない電化製品が必要になると思いますので、事前に必要な電化製品を確認しておき、家電量販店やインターネット(価格.com)などで、この電化製品はどれほどの価格がするのか調べておきましょう。


◎家具



新居では新しい家具が欲しくなるものです。新居で新しい家具が必要かどうか?また必要ならどれほどの値段なのかを事前に調べておきましょう。


◎生活雑貨


意外とかかるのが生活雑貨です。1つ1つはたいした値段ではないかもしれませんが、無計画に購入していくと、思わぬ出費になることもありますので、できれば事前に生活雑貨にかける費用を決めておきましょう。


 不動産関連情報



新居(物件)・不動産会社選びのポイント


お部屋を内見(下見)する時にチェックすること


物件(お部屋)探しは妥協も必要


物件(部屋)を契約する際の「注意点・必要書類・費用」


賃貸借契約の解約手続きの流れ


部屋の明け渡し


 インターネットの賃貸住宅検索サイト



お部屋探しは「インターネットの賃貸住宅検索サイト」を利用するのが主流となっていますので、インターネットの賃貸住宅検索サイトを利用して、理想のお部屋を見つけてくださいね。





引越料金比較して1番安い業者に決める!

大手~中小~赤帽まで130社以上の引越会社の料金を比較して、1番安い業者に決めるならLIFULL引越し見積もり

スマホもOK♪最短45秒の引越し見積り