新居で荷物を入れる前にやっておきたいこと



荷物を運び出した後、新居でいつから生活を始めるのかは人によってさまざまです。


荷物が届く前日なのか?当日の数時間前なのか?荷物と同時なのか?は分かりませんが、いずれにしても多くの場合は荷物が届く前だと思います。


そこで荷物が届く前に新居でやっておきたいことを上げておきます。いずれも荷物が入る前にやっておけば便利ですよ。


賃貸借契約が終わっていれば新居のカギを受け取っていると思いますので、引越し先が近ければ引越し前にやっておいても良いでしょう。


 お部屋のチェック




賃貸物件の場合、フローリングやドアに傷はないか?カーペットにシミはないか?畳焼け(色あせ)はないか?壁紙(クロス)に汚れはないか?備品に壊れているものはないかを一通りチェックしましょう。


そして気になる箇所があれば必ずカメラ(日付が入っていればベストです)などで記録を残しておき、早めに不動産管理会社などに連絡しておきましょう。


管理会社も事前にチェックしていますが、チェックがもれていた場合は、退出時にこちらの自己負担となり、敷金から差し引かれる可能性がありますので必ずチェックしておきましょう!


エアコン・ガスコンロ・水周り(シャワー・トイレなど)を使用した後に、気になることがあれば、必ず管理会社に早めに連絡しましょう。


 簡単なお部屋の掃除



新居が新築なら必要ありませんが、そうでないのならば簡単に掃除しておくと気持ちよく新生活を始めることができます。


もちろん賃貸物件などは、クリーニングされて新しい入居者の方に引き渡すことになりますが、クリーニングは前の入居者の方が退出した後に行い、その後は新しい入居者が決まった時点で再び管理業者が掃除をすることはほとんどありませんので、なかなか決まらなかった物件(お部屋)などは、結構ホコリなどで汚れていると思います。


また管理会社によっては細かい所まで掃除していないこともありますので、いずれにしてもこれからお世話になるお部屋なので、自分で一度、掃除を行ったほうが気持ちいいですしね。


もちろん掃除機などはないと思いますので、雑巾や、床がフローリングなら専用のモップなどを持って行き、床はもちろん、収納内などを軽く拭き掃除しましょう。


 防虫対策



できれば荷物が入る前に必ずやっておきたいことがこの防虫対策です。


ドラッグストアーなどに行けば売っている「バルサン」などの殺虫剤で「ダニ・ゴキブリ・その他の虫」などを駆除しておきましょう。


殺虫剤といっても、虫に直接、噴射させるやつではなく、ボタンを押せば煙や霧が噴射されて、お部屋全体を殺虫してくれるやつです。


荷物が入った後では、この商品はとても使いにくくなりますので、荷物が入る前にやっておくことをオススメします。


マンションやアパートの場合は、事前に管理業者・大家さん・管理人の方に使用してもいいか確認し、できれば煙が出るタイプよりも、煙が出ない霧状のものが良いでしょう。またこれらの商品を使用した後は、数時間お部屋に入れなくなりますので、それらも考慮して時間がある場合に行いましょう。


引越し会社によっては、オプション(有料サービス)で引越し先のハウスクリーニングや、防虫対策をしてくれる場合がありますので、希望する場合は見積もり時に確認しておきましょう。


 防カビ対策



お風呂場のカビを防いでくれる"お風呂場専用の防カビ"グッズが販売されていますので、新居のお風呂を使う前にこのような商品でカビ予防をしておくのも良いかもしれません。





引越料金比較して1番安い業者に決める!

大手~中小~赤帽まで130社以上の引越会社の料金を比較して、1番安い業者に決めるならLIFULL引越し見積もり

スマホもOK♪最短45秒の引越し見積り