引越し先での挨拶(あいさつ)



引越し先での挨拶(あいさつ)は、昔は必ず行うものでしたが、近年では都市圏などを中心に、あまり積極的に行われなくなっています。


 引越し先での挨拶(あいさつ)は必要か?



一人暮らしの場合は引越しの挨拶をする割合はかなり低くなっているのが現状で、隣にどのような人が住んでいるのか?いつ引っ越してきたのか?など知らない人も多いと思います。



hikoshi-003.gifそれでもやはり家族で引っ越す場合や、マンションなどではなく一軒家に引っ越す場合は、挨拶は必要だと思います。


これから子供がお世話になるかもしれませんし、色々地域のイベントや行事ごとなどにも顔をださなければならないと思いますので、その時に挨拶をしておけば自然と輪の中に入りやすくなりますしね。


もちろん一人暮らしの方でも、挨拶をすることは良いと思います。あいさつされて悪い気がする人はまずいませんから。


いずれにしても引越し先での挨拶は地域の慣習などの違いもありますので、事前に不動産会社の人や、大家さん、管理人さんに、「挨拶はしたほうがいいのか?」などを聞いておくと良いでしょう。


ちなみに当サイトの管理人である私も引っ越しは数多くしてきましたが、一人暮らし、シングルタイプのマンション、アパートの場合、あいさつしたこともありませんし、引越しの挨拶をされたこともありませんσ(^_^;)ただ家族が増えてファミリータイプの新居に引っ越した際には挨拶しましたし、隣などに引っ越してきた方も挨拶に来ることが多かったです。


 挨拶(あいさつ)が絶対に必要な場合



・大家さんが同じマンションやアパートに住んでいる場合は挨拶は必須です!


・管理人がいる場合は必ずあいさつをしましょう。


・家族で引っ越す場合は近所への挨拶は大切です。


また大家さんや管理人さんがいる場合は、引越し作業を始める前と、引越し作業が終わった後の2回あいさつをするのが礼儀です。


◎引越し作業を始める前に


「○○号室に引っ越してきました△△です。これから引越し作業を行いますので、迷惑をかけるかもしれませんがよろしくお願いします。」


◎引越し作業が終わったら


「△△です。無事に引越しが終わりました。これからお世話になりますがよろしくお願いします。」


◎引越し日を事前に連絡


大家さんや管理人さん、また管理している不動産会社には、「引越し日・引越し時間」を事前に電話などで連絡しておけば、それに合わせた準備をしてくれる場合があります。


特に新築物件や2~4月の引越しシーズンは他の住人と引越しが重なる場合があり、事前に引っ越し日時を予約しておかなければならない場合もありますので、不動産管理会社などに確認の意味も込めて連絡しておけば、スムーズに引越しの作業が行えるでしょう。


 挨拶(あいさつ)が必要な範囲は?



引越し先で挨拶をする場合、どれほどの範囲のお宅に挨拶をするかが難しい問題です。特に地域によってこの範囲は異なりますので、できれば不動産の管理会社などの人に事前に聞いておくと良いでしょう。


一般的に昔から「向こう三軒、両隣り」といわれていますので・・・


マンションやアパートの場合は「両隣と上下の計4世帯


一軒家の場合は「自分の家の両隣2軒と、向かい側のお宅とその両隣3軒の計5軒(裏もあれば計8軒)


に、あいさつを行うのが一般的のようです。


 挨拶(あいさつ)を行う人



引越し先での挨拶は、できれば家族全員で行うのが良いでしょう。また若い人の一人暮らしの場合は、親が一緒にあいさつしても良いでしょう。


 挨拶(あいさつ)を行う日



挨拶はできれば引越し当日、遅くても引越し後2、3日以内に行うのが礼儀です。


ただ引越しは近所の方の迷惑になることもありますので、引越し先が近くの場合で、可能であれば、引越し前に挨拶をしておくのも良いでしょう。


 挨拶(あいさつ)に持っていく物は?



挨拶に持っていく品物は高価なものは必要なく、「1000円以内のお菓子・洗剤・石鹸・日用品」などの、誰でも必ず使用するもの、召し上がれるものを持っていくのが一般的です(気持ちですから)。


また大家さんに挨拶する場合は、若干、高めのものでも良いかもしれませんね。


いずれにしても挨拶は引越し後、できるだけ早く行うのが礼儀ですので、引越し後に用意するのではなく、引越し前に用意しておけば、あわてなくてもすみますよ。





引越料金比較して1番安い業者に決める!

大手~中小~赤帽まで130社以上の引越会社の料金を比較して、1番安い業者に決めるならLIFULL引越し見積もり

スマホもOK♪最短45秒の引越し見積り