ガスの引越し手続き



引越しが決まったら「ガスの使用中止(閉栓)」の手続きを行わなければなりませんし、引越し先の「ガスの使用開始(開栓)」の手続きも行わなければなりません。


 いつまでに行うのか?



引越しが決まったら速やかに手続きを行いましょう。「引越しの1~2週間前」までに手続きを終わらせておくことが理想的ですが、もしも忘れていた場合でも「最悪2日前」までには終わらせておきましょう。


特に2~4月の引越しシーズンはできるだけ早く手続きを終わらせておくようにしましょう。


ガスの使用中止、使用開始手続きは各ガス会社のホームページからも申し込む事ができますが、使用中止してもらいたい日の当日~2日前(使用開始したい日の当日~2日前)など(ガス会社の申し込み状況によって変わる)、日程が近い場合の申し込みはホームページからはできない場合が多いです。この場合でも電話による申し込みは可能ですが、2~4月などは申し込みが多い為、希望日にガスの開栓などができない場合がありますので早目に申し込んでおきましょう。


 ガスの使用中止手続き(閉栓)



引っ越すためにガスの使用中止(閉栓)をしたい場合は、ガス会社に電話して以下の必要な情報を伝えればOKです(ほとんどの都市ガス会社ではホームページからも手続き可能です)。


◎必要な情報


・契約者氏名
・現住所
・お客さま番号(検針結果のお知らせ(検針票・領収書)に記載)
・電話番号(連絡の取れる携帯電話など)
・ご使用中止希望日(引越し日時)
・ご訪問希望時間帯(現地でガス代の清算を希望する場合)
・引越し先の住所・電話番号


 ガス料金の支払方法(清算方法)



引っ越していくお部屋のガス料金は、退出時までの料金を日割り計算して支払うことになります。支払方法は・・・


◎口座振替・クレジットカード


毎月のガス料金の支払方法が口座振替(引き落とし)、またはクレジットカード支払いになっている場合は、毎月の支払通り、口座振替(またはクレジットカードに請求)によってガス料金を支払うことができます。


◎現地で清算


引越し当日にガス会社の係員(ガス会社から委託を受けた者)に現地に来てもらい、その場で使用中止(閉栓)をしてもらい、それまでのガス料金を日割り計算して、その場で現金、またはクレジットカードで支払います(ガス会社によってクレジットカードは使えない場合があります)。


現地での精算(支払い)を希望する場合は、あらかじめ予約をしておかなければなりません。


◎請求書で支払い


引越し日にガス会社の係員の方が来てもらえない、また支払えない場合などは、引越し先へ請求書が送付されますので、ガス会社の窓口や、コンビニ、銀行等で支払いましょう。


 ガスの使用開始手続き(開栓)



引越し先でガスを利用するには、ガス会社の係員(ガス会社から委託を受けた者)に来てもらい、開栓してもらう必要がありますので、「引越し前に引越し先のガス会社に連絡をして、予約をしておきましょう」。


ガスの開栓(使用開始)は「必ず立会いが必要」になりますので、立会いができる日に電話、またはホームページから予約を行い、使用するガス機器を用意しておきましょう。


またその場で係員の方から注意事項や、ガス料金の支払い方法などについて説明がありますので、不明なことなどは質問すれば良いでしょう。


ちなみにお湯はガスで沸かすことが多いので、ガスが使用できなければお湯が出ないのでお風呂に入れなかったり、シャワーを使用することができませんので、早めに使用開始の手続きを行いましょう。


 各ガス会社のホームページ



引越し先のガス会社はこちらで探せます日本ガス協会


ちなみに・・・


北海道ガス(札幌市など)

仙台市ガス局(仙台市など)

東京ガス(東京23区、横浜市、川崎市など)

東邦ガス(名古屋市など)

大阪ガス(大阪市、神戸市など)

広島ガス(広島市など)

西部ガス(福岡市など)

沖縄ガス(沖縄全土)


 ガス会社の料金を比較



2016年4月~電力の自由化、そして2017年4月~は都市ガスの小売りも自由化されることが決まり、これからは消費者が自由に電力会社やガス会社を選ぶことができるようになり、電力会社、ガス会社の競争が激しくなることが予想されます。


ただLPガス会社は従来から小売りの自由化はされていますが(マンションやアパートなどは始めからガス会社が決まっている場合が多いので難しいですが)、LPガス会社によって料金も結構、違うことが多いです。


そこでオススメなのが、無料で簡単手軽にLPガス会社の料金を比較できるLPガス会社の無料一括見積です。ガス料金なんてあまり違わないと思っている方も、一度、比較してみては?


エネピ





引越料金比較して1番安い業者に決める!

大手~中小~赤帽まで130社以上の引越会社の料金を比較して、1番安い業者に決めるならLIFULL引越し見積もり

スマホもOK♪最短45秒の引越し見積り