お部屋の掃除



引越しする際は、引越しの荷造りと同時にお部屋の掃除も行っていきましょう。



賃貸物件の場合、契約書に「引っ越す際に掃除をしなければならない」という条項はないと思いますし、退出後、必ず専門業者によるお部屋のクリーニングが入ると思いますが、お部屋の掃除は礼儀でもありますし、部屋の明け渡しの際に不動産管理会社や大家さん(オーナー)のイメージもよくなりますので、敷金に影響があるかもしれないからです。


もちろん、「通常使用・経年劣化」でのお部屋の汚れは敷金から差し引かれませんし(通常使用の定義が問題になることが多いのですが・・・)、ハウスクリーニング費用も基本的に大家さん(オーナー)が負担することになっていますので(契約書に記載されていなければ)、お部屋に傷をつけたり、備品を紛失していなければ、敷金から差し引かれることはありません。


しかしお世話になったお部屋ですし、不動産会社の方や大家さんに対しての礼儀でもありますので、最低限の掃除は行っておきましょう。


 お部屋の掃除方法



お部屋の掃除は汚れが目につきやすい水廻り(キッチン・トイレ・お風呂)を中心に行い、もしもフローリングや壁に傷をつけていた場合は、ホームセンターなどで補修剤を買ってきて、補修すれば、敷金から差し引かれない場合もありますので、時間があればやっておきましょう。


また引越し当日には、荷物を運び出した後に、電化製品(テレビ・冷蔵庫など)や家具(タンス・食器棚)が置いてあった、日頃掃除できない場所を掃除することも忘れないようにしましょう。


 ハウスクリーニング業者に依頼する



引っ越しはしなければならないことが多いので、掃除にまで手が回らない、または忙しい方は「ハウスクリーニング業者」に依頼するのも1つの選択肢です。


ハウスクリーニング業者にお願いしたほうが、結果的にはお得な場合もありますよ。


ハウスクリーニング業者に依頼する





引越料金比較して1番安い業者に決める!

大手~中小~赤帽まで130社以上の引越会社の料金を比較して、1番安い業者に決めるならLIFULL引越し見積もり

スマホもOK♪最短45秒の引越し見積り