危険でダメな梱包(荷造り)



どのようなプラン(契約)を組んでいるかにもよりますが、多くの場合、荷物は自分たちで梱包することになると思います。自分たちで荷物の梱包(荷造り)をする際は、「責任をもって」やるようにしましょう。


標準引越運送約款にも「荷受人(お客さん)は荷物の性質、重量、容積、運送距離等に応じて、運送に適するように荷造りをしなければなりません(第七条)」とあり、もしも適切な梱包がされていない場合は、引越し会社側はお客さんに必要な荷造りを要求し、またはお客さんが追加料金を払って引越業者のスタッフが荷造りすることになります。


このようなことにもならないためにも、そして何よりも安全のために、以下のような梱包(荷造り)は危険ですのでやめましょう。


 危険でダメな梱包(荷造り)



◎ヒモがけ


本、特に雑誌類は、廃品回収に出す感じでヒモがけにしている人がいますが、運んでいる最中にヒモがほどける可能性があり、危険ですのでやめましょう。


◎ダンボールを組み立てる


ダンボールは必ずガムテープやクラフトテープでとめるようにしましょう。特にダンボールの下面を組み立てると、運んでいる最中に底が抜ける可能性があり危険ですので、ダンボールは必ず上面と下面をガムテープで十字にしてとめましょう。


またダンボールは基本的に下面の角を持って運びますので、この角面にダンボールが貼ってあると滑って落とすこともあるので、上面と下面の十字以外にガムテープを貼るのはやめましょう。


◎荷物がはみ出している


ダンボールに荷物を詰め込みすぎて、ダンボールからはみ出していると、トラックの中で重ねられないので場所をとってしまい、スタッフの方の作業効率も悪くなります。


◎袋詰め


荷物は必ずダンボールなどの丈夫な物に入れるようにしましょう。紙袋などはちょっとしたことで破れたり、底が抜けて、中の物を破損させててしまうことにもなりかねませんので危険です。





引越料金比較して1番安い業者に決める!

大手~中小~赤帽まで130社以上の引越会社の料金を比較して、1番安い業者に決めるならLIFULL引越し見積もり

スマホもOK♪最短45秒の引越し見積り