不動産関連情報

引越する際に欠かせないのが不動産関係の手続きなどです。特に賃貸物件の場合は、現在住んでいるお部屋の賃貸物件を解除しなければなりませんし、新居も決めなければなりません。当サイトの管理人である私は宅地建物取引主任者として、多くの仲介、契約を行ってきました。その知識や経験をもとに、ここでは「賃貸借契約の解約手続きの流れ・契約する際の注意点・お部屋、不動産屋さん探しのちょっとしたポイント」をまとめていますので、参考にしてください。

不動産関連情報一覧

新居(物件)・不動産会社選びのポイント
すでに引越し先や、新居が決まっている方には関係ありませんが、引越しすることが決まり、まだ新居が決まっていない方にとってもっとも大切で、大変なのが新居(物件)探しです。
お部屋を内見(下見)する時にチェックすること
お部屋探しは大変でもありますが、楽しい一時でもあります。しかし新しい生活を充実したものにするためにも、お部屋を見るときはいくつかの事柄をチェックしなければなりません。
物件(お部屋)探しは妥協も必要
物件(お部屋)をいくつも見ていけば、どのマンション(アパート)にしようか迷ったり、もっと良い物件(お部屋)はないか?と思うことがありますが、物件(お部屋)探しは妥協も必要です。
物件(部屋)を契約する際の「注意点・必要書類・費用」
物件(お部屋)を契約する際の注意点、賃貸借契約で必要な書類と、費用についての説明。
賃貸借契約の解約手続きの流れ
引越しが決まったら、いま住んでいるお部屋が賃貸物件の場合には、大家さん、または管理している不動産業者に「賃貸物件の解約通知(解約手続き)」を行わなければなりません。
部屋の明け渡し
引越し時のお部屋の明け渡し時の流れを説明しています。
引越(住宅)と風水
2017年(2017年節分から2018年節分まで)の風水です。引っ越しを機に、新居に風水を取り入れてみましょう。