部屋の明け渡し




いよいよ引越し当日。いままで住んでいたお部屋ともお別れの日です。部屋を明け渡すまでの流れは以下のような感じです。


 お部屋の明け渡し時の流れ



事前に大家さん、または物件を管理している不動産業者と連絡を取り合い、「○月○日○時」に引越し作業が終わるかを伝えておきます(引越しが近くの場合は、引越し当日でなくても後日に明け渡しをすることも可能ですし、場合によっては明け渡しの立会いが不要な物件もありますので、いずれにしても管理している不動産業者に確認しましょう)。


引越し作業が終われば、掃除をもう1度行い、忘れ物はないかを確認しましょう。


大家さん、または管理業者の立会いの下、お部屋の状況を確認してもらい、借りていた鍵、合鍵(スペアーキー)があればその鍵もすべて返却します(借りていた鍵を紛失した場合、多くの場合、自己負担となり数万円支払うことになりますので注意しましょう)。


物件や地域によって若干の違いはありますが、部屋の明け渡しは以上のような流れとなります。


預けていた敷金は、明け渡し時に返金されることは少なく、後日、振込みなどによって返金されます。


 不動産関連情報



新居(物件)・不動産会社選びのポイント


お部屋を内見(下見)する時にチェックすること


物件(お部屋)探しは妥協も必要


物件(部屋)を契約する際の「注意点・必要書類・費用」


賃貸借契約の解約手続きの流れ


 インターネットの賃貸住宅検索サイト



お部屋探しは「インターネットの賃貸住宅検索サイト」を利用するのが主流となっていますので、インターネットの賃貸住宅検索サイトを利用して、理想のお部屋を見つけてくださいね。





引越料金比較して1番安い業者に決める!

大手~中小~赤帽まで130社以上の引越会社の料金を比較して、1番安い業者に決めるならLIFULL引越し見積もり

スマホもOK♪最短45秒の引越し見積り