お部屋を内見(下見)する時にチェックすること



お部屋探しは大変でもありますが、楽しい一時でもあります。しかし新しい生活を充実したものにするためにも、お部屋を見るときはいくつかの事柄をチェックしなければなりません。


 お部屋探しで注意すること



まず「物件(お部屋)は必ず内見(下見)しましょう!」。


ないと思いますが、間取り図などの図面や写真を見ただけで契約すると、後々にトラブルが起こる場合があるからです。


ただほとんどの不動産屋さんは、仮に物件を見ないで契約しようとしても断ると思います。


逆に物件を見ないで契約を薦める不動産屋さんは信頼できないといえるかもしれません。


ただ都内の2~4月の場合は特殊で、1日も早く契約しなければ他のお客さんに取られてしまったり、地方から出てきている人は時間がないなどで、物件を見ないで契約することも珍しくありませんが・・・。


とにかく物件(お部屋)は「見てみないと分かりません!」。


図面や写真を見たり、話を聞いただけでは分からないことが多いので、忙しくても、できるだけ多くの物件を内見(下見)することをおすすめします。


また内見する時は、内見する物件(お部屋)の図面のコピーがもらえると思いますので、その図面に以下のことをチェックし、書き込んでいきましょう!


 下見(内見)するときにチェックすること



◎駅から物件までの距離(歩いて何分?)


図面に載っている「歩いて○分」は、「80m=1分」で計算しています。


ただこれはあくまでも概算で、信号、踏切待ちや坂道、歩道橋などの時間は含まれていませんし、歩く速度は人によって違いますので、自分で歩いて何分か?を計ってみましょう。


またバスを利用しなければならない物件の場合は、必ずバスの時刻表をチェックしておきましょう。


◎治安はどうか?



昼間はどの街も治安はそれほど悪くないものです。


しかし夜になると街の表情が一変する場合もありますので、昼間に内見した場合は、できれば1度夜にもその街に行ってみて、治安や、駅から物件までの明かり(外灯)などを確認してみましょう。


◎近所にあるお店(コンビニ・スーパー・銀行・郵便局・病院・交番・学校)チェック


引っ越した後に、近所にコンビニやスーパーがなかったりして不便な思いをすることがないように、近所にどのようなお店があるのかを必ず事前にチェックしましょう。


◎メジャーで測る


図面には「6畳・20㎡」とかの広さは記載されていますが、細かい幅などは記載されていませんので、自分で測るしかありません。


引越し後に設置する電化製品やベッド、家具(タンス・食器棚・机)、カーテンなどのこと、また引越し時の搬入のことを考えて、必ず測っておきましょう。


玄関や扉の幅も忘れないように測っていないと、引越しの搬入時に荷物が入らないといったことも起こる可能性がありますので、大きなタンスや食器棚、電化製品(特に大型冷蔵庫とドラム式洗濯機)がある場合は面倒かもしれませんが必ず測っておきましょう。


またエレベーターや階段の幅が狭くて大きな家具、家電が搬入できない事が意外と多いので、部屋だけでなく、そのマンション、アパートのエレベーター、階段の幅も測っておきましょう。


◎写真を撮る



携帯(スマホ)でもいいので室内の写真を撮っておきましょう。


人間の記憶力というものは曖昧ですので、いくつも物件(部屋)を見たときや、時間が経過すれば、図面だけではどのような感じの部屋だったのかを思い出せないものです。


また余裕があれば周辺の写真を撮っておくことも良いでしょう。



◎マンション(アパート)前の道路の広さ


引越しをする際には、荷物を積んだ大きなトラックがマンション(アパート)前の道路などに停車させて作業を行うことになりますので、見積もり時などに引越し先の道路の広さは必ず聞かれると思います(道路の幅は引越し料金に影響します)。




また引越し見積もりサイトなどでも、道路の広さを記入する項目が必ずありますので、測る必要はありませんが、大体どれほどの広さなのか?具体的には・・・


・2台の車が余裕ですれ違えるのか?

・ギリギリすれ違えるのか?

・1台しか通れないのか(一方通行など)?

・車が停車できる専用の敷地があるのか?


など、トラックが止められるスペースはあるのかをチェックしておきましょう(写真に撮っておけば分かりやすいですし、引越し会社の方にも説明しやすいと思います)。


◎その他の確認


・照明器具は備え付けか?自分で設置するのか?
hikoshi021.jpg
・コンセントの位置はどこにあるのか?

・テレビアンテナの場所と端子は?

・電話のモジュラージャック(差込口)は?

・エアコンが設置されている場所は?

・エアコンが設置できる場所は?

・ガス栓の位置は?

・ガスコンロの種類は(都市ガス・LPガスなど)?

・防音はどうか?

・窓を閉めた状態で外の音はどれほど気になるか?

・日当たりはどうか?

・マンション(アパート)にどのような人が住んでいるのか?

・駐輪場はある?ある場合広さは?

・洗濯機置き場はどこ?大きさは(ドラム式が置ける)?

・エレベーターはあるか?


 下見(内見)するときにあれば便利なもの



・筆記用具
・メジャー
・カメラ(携帯のカメラでも可)
・方位磁石(スマホアプリでも可)


 不動産関連情報



新居(物件)・不動産会社選びのポイント


物件(お部屋)探しは妥協も必要


物件(部屋)を契約する際の「注意点・必要書類・費用」


賃貸借契約の解約手続きの流れ


部屋の明け渡し


 インターネットの賃貸住宅検索サイト



お部屋探しは「インターネットの賃貸住宅検索サイト」を利用するのが主流となっていますので、インターネットの賃貸住宅検索サイトを利用して、理想のお部屋を見つけてくださいね。





引越料金比較して1番安い業者に決める!

大手~中小~赤帽まで130社以上の引越会社の料金を比較して、1番安い業者に決めるならLIFULL引越し見積もり

スマホもOK♪最短45秒の引越し見積り