賃貸借契約の解約手続きの流れ



引越しが決まったら、いま住んでいるお部屋が賃貸物件の場合には、大家さん、または管理している不動産業者に「賃貸物件の解約通知(解約手続き)」を行わなければなりません。


 賃貸借契約の解約の流れ




賃貸借契約を解約する方法は賃貸借契約書に必ず記載されていますので、確認しましょう。


一般的に「退出時の1ヶ月前までに口頭、または書類によって伝える」となっている場合が多いようですが、物件(部屋)によっては2ヶ月前、3ヶ月前までに連絡するようになっていることもありますので、早めに賃貸借契約書で確認しておきましょう(契約書を紛失している場合は、早めに管理している不動産会社に連絡しましょう)。


引越し日が決まっているのであれば、この解約の流れもスムーズに行くのですが、良い物件(部屋)が見つかってから引っ越そうと考えている場合は、これらのことを考慮して、お部屋探しを行わなければなりません。


もしも2ヶ月前3ヶ月前までに連絡しなければならない場合でも、その間の賃料を支払うことで当然、賃貸借契約をすぐに解約できます(余計な出費になりますが)。


 不動産関連情報



新居(物件)・不動産会社選びのポイント


お部屋を内見(下見)する時にチェックすること


物件(お部屋)探しは妥協も必要


物件(部屋)を契約する際の「注意点・必要書類・費用」


部屋の明け渡し


 インターネットの賃貸住宅検索サイト



お部屋探しは「インターネットの賃貸住宅検索サイト」を利用するのが主流となっていますので、インターネットの賃貸住宅検索サイトを利用して、理想のお部屋を見つけてくださいね。





引越料金比較して1番安い業者に決める!

大手~中小~赤帽まで130社以上の引越会社の料金を比較して、1番安い業者に決めるならLIFULL引越し見積もり

スマホもOK♪最短45秒の引越し見積り