引越し前日にすること



引越しはさまざまな手続きを行ったり、しなければならないことが多いので、引越し当日になって慌てないためにも引越し前日までにはそれらをすべて終わらせておくことが理想です。


引越し前に行う手続きチェックリスト


引越しの各種手続きは必ず、引越し前日までに終わらせておきましょう。


手続き以外では以下の事柄をチェックし、引越し当日に備えましょう。


 引越し前日の行動リスト



引越しの荷造りは終わりましたか?


不用品の処分は終わっていますか?


引越し前の挨拶(あいさつ)を忘れていませんか?


引越しの荷造りは前日までに終わらせておき、後は直前まで使用する生活用品(布団・石鹸(シャンプー)・歯ブラシ・タオル・テッッシュ・下着・洗面用具など)を荷造りするだけでいい状態にしておきましょう(歯ブラシなどは自分たちが運ぶバックなどに入れてもいいでしょう)。


もちろん引越しの荷造りを引っ越し業者に依頼しているプランの場合は必要ありませんが、自分たちで行う場合に、もしも荷造りが終わっていなかったなどの場合は追加料金が発生するなどトラブルになるかもしれませんので、引越しの前日までに終わらせるように計画的に作業を進めていきましょう。


また荷物を運び出した後に、簡単な掃除ができるように雑巾と掃除機も残しておきましょう。


 引越し前日の食事



引越し前日には荷造りは終わらせておくことが理想ですので、食器類などもすでにダンボールの中だと思いますし、またキッチン廻りの掃除も終わらせていると思いますので、料理はできれば引越し前日は避けて、外食や弁当、宅配物などで済ませましょう。


また冷蔵庫も霜取などをしなければなりませんので、できるだけ引越し前日には電源を切って、持ち運ぶ時に水が出ないように雑巾などで拭いておきましょう。


 引越し会社との確認



引越しの2日前までには引越し会社から最終的な確認の電話が入ると思いますので、その時に変更事項があれば必ず伝えておきましょう。


特に荷物が増えたなどの場合は、引越会社のトラックの問題や料金に変更がある場合があるので、増えたことが分かった時点で早めに連絡しておきましょう。


また引越し会社とはいつでも連絡できるように、引越し会社の電話番号と、実際に引越しを行うスタッフ(運転手)の電話番号は携帯電話に登録しておきましょう。


引っ越し日は決まっているが時間が決まっていないプラン、引っ越しのフリープラン(午後便)で契約している場合でも、引っ越し前日か遅くても当日午前中には引越会社から時間についての連絡が入ると思います。ちなみにフリープランのほとんどは午後スタートとなります。


 お金の確認



引越し前日までに現金を必ず用意しておきましょう。引越し会社への支払いもありますし、自分たちの交通費や食事代などもかかりますので少し余裕を持って用意しておくと良いでしょう。


その際に一万円札だけでなく、千円札を多めに用意しておいたほうが便利でしょう。


また引越し料金の支払い方法は引越し会社によって若干、違うかもしれませんが、「荷物を運び出した後・引越し先での作業終了後」に現金で支払うことが多いようです。


いずれにしても事前に引越し料金はいつ支払うのか?支払方法(現金・振込み・クレジットカード・電子マネー)は選べるのか?を確認しておきましょう。





引越料金比較して1番安い業者に決める!

大手~中小~赤帽まで130社以上の引越会社の料金を比較して、1番安い業者に決めるならLIFULL引越し見積もり

スマホもOK♪最短45秒の引越し見積り